メディア事業部EC事業部 AGENCY事業部
代理店事業部ブログ

毎日ホントに暑い日が続きますね~。

こんな時期にはエアコンは欠かせませんが、私はエアコンは使いますがエアコンのリモコンは使いません。

いちいちピッピッと操作しなくても、 「暑い」 だの 「寒い」 だの 「直風がイヤ」 だのと体感温度の感想を述べるだけで、

「はいっ!」  「おりゃ」  「これでどうだ」 「まかしとけ~」 と、どこからともなく旦那さんが駆けつけて(そんなに広い部屋じゃない)自らエアコンを調節・操作してくれるのです。

あ~ ありがたや~♪ 楽ちん 楽ちん

調子に乗った私は、寝ている時にも  「あち~」 だの 「さみ~」 だのブツブツ言うようになり、時々シーン・・・としてると隣で寝ている旦那さんらしきオッサンを軽く蹴ってみるような女になってしましまいた。

そんな私の最近の口癖は、 「のど乾いた。 コーラなら飲んでも良い。」 友達からは『あんた何様!?』とよく言われます(汗)。

それでもハッとして、そそくさと冷蔵庫にコーラを取りに行く健気な旦那さんらしきオッサン。

おいおいそんなにフラフラ歩いてたら、こぼすゾっ!・・・って思ったそばからグラスの中のコーラは半分に減っていました。

 

そりゃそうか。  

今は夜中の3時過ぎだもんね。        ・・・ひきつづき 寝よ♪

 

 

と、そんな話はおいといて・・・。

 

『女力を上げる(かも)メイクテク』今回は口紅の塗り方です。

最近は見るからに口紅!みたいな色を塗っている女性をあまり見かけませんね。

もっとヌーディーな色味の薄付に、グロク仕上げ    みたいな。

本来、口紅を塗る時は、上唇と下唇の比率とか、船底の形で~とかイロイロありますが、ヌーディーな色味やグロス仕上げの時は、ぜぇ~ったいに 2:2の比率が最も色っぽい!なんなら上3:下2でもいい! オリエンタルなお顔立ちの方なら上2:下1でもありざんす♪

その中で、最も自分の顔立ちに似合う比率を見つけてみて下さい(2:1が似合わなければ、オリエンタルでないお顔立ちということで)。

ちなみにお鼻の下の上唇の二つのお山は見えないくらいなだらかに。  お試しあれ~

カテゴリー:プチビューティー
PAGE TOP

通勤やらショッピングやらおデートやらで、ほとんどの女性はメイクをしています。

最近は高校生でもメイクは常識!?

そういえば私も、高校の入学式からアイラインをひき続けて23年間。 

はやいものです (p_-)

 

 

さて、そんな話は置いといて・・・。

女性は、特に25歳を過ぎると、自分のメイクにポリシーが生まれます。

眉毛に命をかけるタイプ、  

マスカラのせいで腱鞘炎になるタイプ、

酔っ払い呼ばわりされると烈火のごとく怒り出すチーク重視タイプなど。

ちなみに私は先ほども述べました『アイライン命』タイプです。

私の二重(厳密に言うと3・5重)は幅広で、アイラインでギュっとしめなければウミガメみたいなやる気のない目なのです。

 

その私の命綱でもあるアイラインを引き立てるのはアイメイク!

ってことは・・・そう!アイシャドー!

ふつうは眉下にハイライトを入れて、目のキワに向かって濃い色になるようにグラデーションかけてぼかしますよね?

でも、アイラインを目立たせたかったら、逆グラデ!

 

 一般的なグラデ&ぼかしとは逆の、慣れない逆グラデでいつもより30秒余計に時間がかかったとしても、ラテン系のセクシーな目元の完成です❤

勝手な個人的おすすめカラーは、パール感のあるグリーンかパープル。日本人のお肌にはこの二つがピタリと合います。

あっ!逆グラデの場合、くれぐれも目尻をブラウン系の濃い色でしめるのをお忘れなく。

このブラウンを忘れるとただの腫れぼったい目もとになって、私ウソつき呼ばわりされます・・・

最後のアイラインは、普段の1.5倍以上の太さと力強さでお願いしますよ♪

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー:プチビューティー
PAGE TOP

 突然ですが、ワタクシ今月で38歳になる予定です。

人生何があるかわからないので、あえて予定としておきます。慎重なA型気質がこんなところで顔を出すとは。・・・あっ課長、昨日のミスは私ですぅ。

 

 

世間ではひと昔前でいう中年を、アラフォーなどとこじゃれた名前でくくってます。・・・えっ?その単語はもう古い?・・・・・・もしも~し、お電話が遠いみたいで・・・ガチャ。

 

まぁ完全にドラマの影響ですね。・・・でも、ステキなお言葉♪ なんて素敵な中年かくし♪ ルン♪ 

しかし、最近の40歳以上の皆さんお若いですよね~

特に女性はホントに綺麗な人が多い! 

お肌も充分スベスベで、少しハリがなくなった感じがちょうど良い!

 ※けしてイヤミじゃございません。

 

若いお肌はピチピチで綺麗だけど、中年・・・おっと失礼、アラフォーのお肌だって捨てたものではありません。ただし、もちろんお手入れしている人限定。

 

午前中はなかなかお美しいアラフォーのお姉さま方。しかーし、それでも夕方過ぎになると何やらほっぺに怪しいカゲが・・・何者じゃー!   

 

「すみません。私たるみんと申します。この時間になるとお顔の表情筋にくん達のやる気がなくなり、不本意でしょうがたるみが現れるのです。お恥ずかしい。ショボン(泣)」

 

ぬぁにぃ~(怒)たるみだとぉ?   表に出ろっ!・・・いや出てくるな、引っ込め!

 

でも、ちょっと待ったー(ストップ♪ストップ♪)。少しのたるみを気にしている貴方に朗報!むしろその、夕暮れ限定商品『やつれた感』がとっても色っぽいのです!(あっ、私以外のお話です。ケンソンって意味、最近知りました。漢字でソンがわかりません)

 

ここで誤解のないように、あくまで多少のやつれた感ですよ。それを超えると深いホウレイ線になり、一気に老けこみますからね。女性が時間の経過と共にほんのわずか変化する様子に、世の男性は弱いのです。何もしていなくても何やら頑張った感じも演出されます。特にまだ充分にハリとツヤが残っている中の、ほんの少しのやつれ感に大人の女を感じてしまうとか。

このほんのわずかな「やつれた感」の色っぽさは毎日のお手入れがポイントです。日頃から手間と時間とミスター諭吉を少々かけているからこそにじみ出る、独特の艶っぽさ。これこそが中年女性と、まだまだイケてるアラフォーとの境目だと、いたにんは勝手に決めつけます!(若い頃は某有名化粧品メーカーの美容部員でしたしぃ~、エステの店長さんもしてましたからぁ~、多分合ってますとも)

 

大きな声では言えませんが(小さな声じゃ聞こえない)、女性は40を過ぎたあたりから女性ホルモンの分泌が低下するため、若い時以上にお肌に気を使わなければあっという間にオッサン化してしまいます。

私もさすがにオッサン化は避けたいので、ステキなアラフォーど真ん中に仲間入りするためにも、今後ますます(?)女に磨きをかけたいと思います(フキフキキュッキュ)。

 

次回、「30秒で女力が上がる!?ほんのひと手間メイクテク」前編をお届します。お楽しみに(^O^)/

 

 

 

 

カテゴリー:プチビューティー
PAGE TOP

最近のエントリー

RSS

カテゴリー

モバイルサイト

アーカイブ

ページトップへ