メディア事業部EC事業部 AGENCY事業部
メディア事業部ブログ
前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。
uchiyama

10年ぶりくらいに見た「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」

10年前には気付かなかった、ヘンリー・ジョーンズ教授ことショーン・コネリーの魅力に気付きました。なんか全体的にコミカルに演じているのに何故か色っぽいですね(笑。

 

そんなことはどうでもいいのですが、ドイツ人の旦那と一緒に見る「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」は一味違うものとなりました。というのも、そのお話自体キリスト教の聖杯伝説がそもそものテーマ。キリスト教では無い日本人からすると(少なくともわたしには)、全てがものすごいフィクションの連続にしか見えなかったのですが、一応キリスト教(クリスマスのミサもめんどくさがっていますが)の主人は、これまで学校や教会で学んできたことなどもあり、ただのフィクションには見えないそうな。

だから、「あ~こんな誰からも愛される映画も、見る人によって全然違うんだな~」と改めて思いました。

更にあの映画には、ヒットラー率いるドイツのナチが出てきますが、実際にヒットラーが聖杯を探していたというのは結構よく聞く話らしいです。

実際には聖杯を見つけられなかったとされているのですが、一説では実は見つけていて、今も生き続け挽回の期を待ち続けているとか・・・・。私がこの前みたテレビ番組ではクローンが生き続けているとかいっていました(笑。

宗教がらみの歴史、伝説は本当に多いですよね。とりあえず、今日は昼休みにアーサー王がらみの本でも買おうと思いました。

 

そんなこんなで、今日はちょっとオカルトチックになってしまいました♪

カテゴリー:その他 , 投稿者名:reina uchiyama
PAGE TOP
ページトップへ