メディア事業部EC事業部 AGENCY事業部
メディア事業部ブログ
前のページへは、ブラウザの戻るボタンでお戻りください。
arefin

Salah

Ṣalāh or Ṣalāt (Arabic: صلاة‎; pl. ṣalawāt) is the practice of formal prayer in Islam. Its supreme importance for Muslims is indicated by its status as one of the Five Pillars of Sunni Islam. Salah is a ritual prayer, having prescribed conditions, a prescribed procedure, and prescribed times.

Performing salah is obligatory for all adult Muslims, with a few dispensations for those for whom it would be difficult. To perform valid salah, Muslims must be in a state of ritual purity, which is mainly achieved by ritual ablution according to prescribed procedures. The place of prayer should be clean. In a few cases where blood is leaving the body, salah is forbidden until a later time.

Salah consists of the repetition of two or more units of a prescribed sequence of actions and words. One complete sequence is known as a raka’ah (pl. raka’āt). The number of obligatory (fard) raka’āt varies according to the time of day or other circumstances (such as Friday congregational prayers). The minimal, obligatory raka’at may be supplemented with acts which are optional but are considered meritorious. There are also dispensations from some or all of the prescribed actions for those who are physically unable to complete them. The prescribed words of the prayer remain obligatory.

For Sunnis, salah is prescribed at five periods of the day as part of tradition, which are measured according to the movement of the sun. These are: near dawn (fajr), just after the sun’s noon (dhuhr), in the afternoon (asr), just after sunset (maghrib) and around nightfall (isha’a).

サラート(礼拝、サラー、アラビア語: صلاة‎ ṣalāt, 複数形 صلوات ṣalawāt, 古典アラビア語: صلوة ṣalawah)とは、カアバ神殿の方角へ向かって祈ることで、イスラム教の五行のひとつである。ペルシア語、ベンガル語、ウルドゥー語、トルコ語、南スラヴ諸語の一部では、ペルシャ語による意訳ナマーズ(نماز)に基づいた言葉で呼ばれる(ベンガル文字: নামাজ, ラテン文字: namaz, キリル文字: намаз)。

礼拝の方法には一定の決まりがある。ふだんは家庭などで個人で行ってもいいが、イスラムの祝日である金曜日の礼拝のうち少なくとも1回はモスクに集まってみなで行うことが奨励される。礼拝が始まる時間はムアッジンと呼ばれる人によって告げられるが、これをアザーンという。昔はモスクの尖塔(ミナレット)に上りその上からアザーンが行われたが、現在はスピーカーが取り付けられている。

礼拝は1日5回行う。各礼拝は以下のようになっており、具体的な時間はその場所での日の出と日没の時間によって変わるため場所と季節の影響により時間が細かく変化する、現代では地域ごとの正確な礼拝時間表が数日から一日刻みで精密に作られており、インターネットでも検索することが出来るようになっている。

日の出の1時間以上前には起きて礼拝の準備をしなければならないため、正確に守ろうとするとムスリムは大変に早起きになる、日本の場合では日の出が早い8月ごろの場合には礼拝の時間は4時前となり、日の出が遅い冬場の12月から1月でも5時半前後になる。

サラート

カテゴリー:その他 , 投稿者名:Arefin Khandoker
PAGE TOP
ページトップへ